結果と完全予約制にこだわった エステ&アロマサロン ノア

たるみの原因

  • HOME »
  • たるみの原因

原因1.肌の弾力の低下


真皮内で、バネのような構造で肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して、肌の弾力が失われます。
※コラーゲン:線維状のたんぱく質で、皮膚や骨に存在し、肌のハリを保ちます。
※エラスチン:ゴムのように伸縮し、肌に弾力を与える働きをします。

「針を使わない美容整形」といわれるエレクトロポレーションで対応!

原因2.皮下脂肪の肥大化


皮下脂肪は脂肪組織の大部分を占め、エネルギー貯蔵、保温などのはたらきがあります。この皮下脂肪が年齢を重ねることによる代謝機能の衰えで肥大化し、重力の影響により下方向へ落ちてきます。

全身で一番衰えやすいのは顔です。顔筋アロマで筋肉に刺激を与え鍛えていきます。また、血行促進やデトックス効果のあるので肌のターンオーバーやしみ・しわにも期待できます。

原因3.筋肉の質の低下


顔の表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についているため、細かな表情を作り出すことができます。加齢にともない腕や脚の筋肉が衰えるように、顔の筋肉も衰えていき、その上に位置する皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。たるみは「外的要因」「内的要因」「生活習慣要因」によって引き起こされます。

全身で一番衰えやすいのは顔です。顔筋アロマで筋肉に刺激を与え鍛えていきます。また、血行促進やデトックス効果のあるので肌のターンオーバーやしみ・しわにも期待できます。

原因4.乾燥


目には見えませんが、肌は内部の水分を常に蒸散させています。
「湿度の低下」「気温の低下」「紫外線」「加齢」などの理由で肌が乾燥すると、肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下し、新陳代謝(肌の生まれ変わり)が乱れ、肌のハリが失われます。

「針を使わない美容整形」といわれるエレクトロポレーションで対応!

原因5.紫外線


紫外線(UVA)が真皮のコラーゲン、エラスチンなどを破壊し、肌の弾力が失われます。
※紫外線について
紫外線は波長の長さにより、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)に分けられます。UVAは、紫外線の中で最も波長が長く、雲やガラスも通過します。3分の1から半分量の紫外線が、真皮にまで達し、真皮内の線維(コラーゲンやエラスチン)にダメージを与えます。そのため、周囲の細胞に大量にメラニンが送り込まれたり、既存のメラニンが酸化して、サンタン(皮膚の色が黒くなる)を起こします。UVBは、UVAと比較すると皮膚に対する刺激が強く、肌の表面に作用し、サンバーン(皮膚に炎症)を起こします。

紫外線によってダメージを受けたお肌には、「針を使わない美容整形」といわれるエレクトロポレーション顔筋アロマでハリを戻していきます。

※施術中の場合電話に出ることができませんので、
お問い合せよりご連絡くださいますようお願い致します。
TEL 080-3936-0055 受付時間10:00~19:00

■メールでお問い合わせはこちら♪

■お肌のお悩み別コース

マイナス10歳肌コース
脂肪溶解フェイシャルコース
-7歳肌ポレーションコース
美肌フォトコース

■スタンダードコース

プチ顔筋アロマコース
顔筋アロマコース

■ボディケアコース

PAGETOP